過去の囲碁日記:2007.01.01 〜 2007.02.20 分

2007.01.01(月): 謹賀新年

日記といいつつ、もう毎日は書いていませんが、自分の大会での結果と、息子の
囲碁の時々の記録、抑うつ神経症の記録が今年はメインになっていくかと思います。

本年もよろしくお願いいたいます。

2007.01.04(木): 息子の13路盤

年末の2006.12.31は息子と13路盤9子で打ってみた。
長考するのと、石をとりたがる。
盤面の辺のあたりをほとんど見ていないという欠点がみえてくる。
さてどうのばしてあげよう。

新年の2007.01.02は息子と、爺様の13路盤での9子局。
下辺で、息子が死ぬ石に手を入れて大損。
今回は乱戦模様の部分の欠点が前回の帯かいと同様見えてきた。

続いて、私と爺様の向先の対局。
息子のリベンジ戦だ(笑)
二連星 vs 違い小目(17-4と16-17)から開始。
ここで、三連星ならぬ、星下。ちょっとかわった布石だけど、勢力が左辺に固まって
中央への圧力がへってくれるので、私にとっては、ちょっとうれしい。
全体をみると、きっと負けていたのだけど、右上で、コウ争いが発生し、中央の
模様で、しかも厚いこちらとしては、特に問題なし。
右下のコウ材でコウを解消してもらって、右下が地になった。
ここで楽観したけど、最後まで打って並べてみると以外と僅差。
コミを入れて三目半。ひさびさの勝ちだけど、途中悪かったんだね。
中央を大きくするのは、やはり相手の薄いところを多くみつけておく必要があるね。

ようやっと、抑うつ神経症のお薬についてはおちつきそうです。
なので、ここのページもしばらくは更新が途絶えるかな。
まあ、その方が幸せですが、抑うつ神経症関係のページを作ったので、
そちらの方は、もしかしたら更新しているかもしれません (^^;;

2007.01.08(月): 今年の参加できるかもしれない大会

2006年11月分、分割しました

2006.11月分

住んでいる地区のセンター囲碁大会は今年はでれなかった。痛い。
え〜い。今年はどれだけでれるかな。
参加できそうなの一覧にしてみるが、こんなにはでないだろう。

2007.02.04             第14回 アミノアップ各段チャンピオン戦
2007.04.01             囲碁会館創立記念囲碁大会
2007.05.13             第8期 北見薄荷通商杯 全道囲碁最強戦 ハンディ戦
2007.06.03             第53回 全日本アマ本因坊戦 ハンディ戦
2007.07.08             J:COMブロードバンド杯 全国囲碁大会 ハンディ戦
2007.07.29             第31回 北海道囲碁まつり 段級位認定大会 ハンディ戦
2007.09.02             第57回 全道アマ囲碁選手権大会 ハンディ戦
2007.10.14             第18回 協和発酵杯各段チャンピオン戦 北海道大会
                       (今年こそ参加できるか?)
2007.10.21             第14回 アミノアップ杯争奪 ハンディ戦
2007.10.28             第31回 全道アマ囲碁朝日名人戦 ハンディ戦
2007.11.11             (株)ホクレンショップ囲碁大会 ハンディ戦
2007.11.25             段級位認定大会 
2007.12.02             第20回 北海道アマ棋聖戦 ハンディ戦
2007.12.16             忘年囲碁大会 

息子は息子ででるだろうけど、ゆっくりとしか上昇していないかな、今年の大会
参加は3月と12月の2回かな。

2007.03.18             第8回 北海道みこども囲碁大会(13路盤のクラスだな)
2007.06.09             ドコモ杯 第7回冬休みこども囲碁大会(まだ早いかな)
2007.07.08             J:COMブロードバンド杯 全国囲碁大会(まだ早いかな)
2007.07.29             第31回 北海道囲碁まつり 段級位認定大会(まだ早いかな)
2006.12.23             ドコモ杯 第7回冬休みこども囲碁大会
                       (13、19路のどちらのクラスかな)

なわけで、自分の囲碁大会の記録リストを更新しとこっと。

2007.01.20(土): 古碁の歴史感か

2006年12月分、分割しました

2006.12月分

今日は息子の囲碁教室の日だったのですが、入室した途端お腹がいたいと、
いいだしたので、トイレにつれていって、だすものをだすと治ったとのこと。
ただ、念の為、午前中は囲碁教室の隅っこにいました。
暇なので、久々に棋譜並べ(藤沢明斎十段vs高川格九段)をおこなって、
それでも暇なので、ノートPCとエッジで古碁を検索すると、次のページを
みつけました。
        ゆっきんのきままな雑記帳
なんとなく、お気に入りのページになりそうです。


さて、抑うつ神経症のお薬の方の話しですが、
  セルシン 2mg 毎食後2錠 
から
  レスタス 2mg 朝、夕食後1錠
にきりかわりました。
一応、抗不安薬としては最強クラスだそうです。
睡眠も少し深くなった感じだけど、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬や、
睡眠導入剤って、睡眠に関しては最初効いた感じしても、途中から効き目が弱く
なってきてる気がするんだよな。
それとも、先生のいう通り職場環境なんとかしないと、睡眠もままならないのかな。
まあ、余計なこと考えないで、まずは、この薬にかけよう。
だめだったら、メイラックス 2mgもあるさ。
けど、メイラックスにきりかわるということは、アミノアップ杯でれないって
ことだよな。そんなことは考えない。考えない。

2007.02.05(月): アミノアップ各段チャンピオン戦でてきました

2007.02.04のアミノアップ各段チャンピオン戦にでてきました。
場所はあいかわらず日本棋院北海道本部(札幌市のアスティ45ビル7F)。

囲碁大会参加が体調の復帰測定にもなっています。

1局目 互先 白 女の子
  たすき小目 vs 星と三々
  あちこちあやをつけているうちに弱い石を完全に方位ができた。
  これは、運がよかったというべきかな。
  優勢のまますすんでいったところで、最後7目抜かれた。がび〜ん。
  完全に泣きがはいりました。まあ、もう小ヨセが少々だったので、最後まで
  打ったら20目ぐらい勝っていました。捨てないでよかった。

2局目 互先 白 おばさん
  強いと聞いていたので、黒が欲しいと思ったところで、白 (;_;)
  白では最近打ってなかったけど、二連の目外し。
  上辺大きくされたけど、左辺の相手の無理手をとがめられなかったのが大きい。
  この左辺の戦いから、右辺に勝負をかけようとしたところが、そっぽを
  向いた手だったという。ここで、こちらの弱い石が方位されました。
  中押し負け。

3局目 互先 黒 おじいさん
  小林流 vs 二連星
  序盤でこちらの模様に入ってきて、相手の弱い石が2つ。こちらはひとつ。
  これで流れが決定。大石を御用。けど、相手は逆にこちらの石が欠け眼だと
  思っていたとのこと。中押し。

4局目 互先 白 男の子
  小目と小目 vs 星と三々
  勝負どころがよくわからず、自然に負けてしまいました。
  相手が言うには可変から、中央にかけて、こちらが何か間違えたらしいのですが、
  記憶になし。結果は4目半の負けですが、相手が中ヨセあたりでゆるんでくれたので、
  この程度の差で済んだと思われ。まあ、最後半コウ勝てたことだけが収穫か (^^;;

番外編1局目
  2局目に打ったおばさんが上位に入っているので、時間つぶしに打ってみることに。
  天石流 vs 二連星。
  序盤はまあ、まあいつもの通りだけど、こちらのしかけるのが遅かった。
  相手の星付近の地を削らないと天石流は勝てないよね。しかも侵入されたし。
  相手が表彰されたところで、形勢判断して、こちらから負けをみとめました。
  次回からの目標になりそうです。

あと、今回Nさんが二段にあがったので、もうしばらく、大会で打つことは無いのが
残念。
わたしゃ、順調に体調もどったとしても、まだ二段にはちょっと距離あるもんな。

今回、きちんと打てたのは、3局目かな。1局目は運による勝ち。2局目は手あい違い。
4局目はよく覚えていないな。気力がきれたのかしらん。正常でも気力はもたない
もんな。

ちなみに、囲碁大会では、ちょっと今、体調が悪いんですよ。という話しをして、
「どこが悪いんですか」ときかれるので、「頭が悪いんです」と真面目に答えると、
相手は冗談だと思って、話が終わる(苦笑)

2007.02.20(火): 級位者の日(5回目)

1局目 先 黒 お兄さん
  小林流 vs 星と広い小目(4-3) : 黒からみての位置
  模様のはりあいの碁
  あいかわらず、形勢判断、目算ができない。
  序盤から中盤にかけて、少しづつ得をしていったのがそのまま差としてついた
  らしい。15目勝ち。

2局目 先 黒 おじさん
  時々打ったおじさんだが、転勤で東京に戻るそうだ。最後の挨拶ということで、
  打ててよかったかも。
  小林流 vs 中国流
  小林流に中国流がくるのは始めてなので、星の反対側は一間高がかりにする。
  結局、こちらが模様をはったところで、焼き餅を相手がやいてきて、そこが
  御用となり中押し。
  
3局目 先 黒 おばあさん
  小林流 vs 星と狭い小目(3-4) : 黒からみての位置
  なぜか上辺が厚くなる。そこの切りがあるところを覗いてくるが、たとえきられても
  痛くないので、無視して、他のところに打つ。
  この時可変は、白が地模様気味だったので、それを消すのにも一役買ったかな。
  結局この覗きの脱出が失敗して、中押しでした。

15戦13勝2敗なので、勝段には個人的にレーティング一段差76%理論が持論なので、
次回1勝2敗以上なら、級位者の日では二段格にあがれる。

※一応、直近20局が対象といっても6回出場するのに1年以上かかっている (^^;;

番外編 1局目 先 黒 おばあさん
  先程の3局目のおばさんと打つ。
  小目(17-4)と小目(16-17) vs 星(4-16)と近い小目(3-4)の喧嘩小目になった。
  無利せずに大きいところを打っていくと自然に、最後まで打った。
  最後まで打ったので、一応、数えたが倍くらいあった。

番外編 2局目 先 白 Kさん
番外編 3局目 先 白 Kさん
番外編 4局目 先 白 Kさん
  いつも楽しく拝見させてもらっているKさんと久々に打つことに。
  色々な布石をためさせてもらったが、全部地 vs 模様になった (^^;;
  模様になるのは、私の自分の打ち方が戻ってきている証拠だろう。
  とはいっても白は黒の作戦にのらざるをえないので、今回は、Kさんの作戦
  失敗ということろだろう。

囲碁のだめだめ度のレベルは普通に戻りつつありますが、精神的なだめだめ度は
絶好調に戻りはじめているかがちょっと不安。まあ、相対的に休憩が少なく。
仕事の時間が長いのが原因だとはいっても、一般人よりも作業時間は短いから、
そうそう文句もいえない。。。。。

だめだめ囲碁日記 過去分
リンク集
home

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース