過去の囲碁日記:2006.12.06 〜 2006.12.31 分

2006.12.06(水): 級位者の日

2006.12.05(火)は会社をさぼって(ばきっ)日本棋院北海道本部
(アスティ45ビル 7F)の級位者の日にでかけてまいりました。

1局目 3子 黒 おばあさん
  対局前にこの前、二連敗したおじいさんから、このおばあさんに負けたんだよ
  と聞いていたので、どうしようかと悩んでいたところ。開始。
  左上小目(3-4)。黒から盤面を見ています。
  ちょっと考えて天石流をしかけることにしました。
  特に序盤、相手はこちらの意図をつかみそこねているようです。
  そうだよね、左上小目に星に打ってツケなんて、普通の囲碁では非常識だよね (^^;;
  ただ、このつけで、星を全部黒が占めたことに気がついて笑っていました。
  あとは戦いをさけながらの陰陽布石。綺麗に三隅を与えて、左下だけ、三々で
  護りました。
  けど、さすがは、四段。こちらの石の多い左辺に入ってきたり右上から、進入
  をくわだてたり、多彩です。こちらが、中央の石が多くなかったら、力の差が
  はっきりとでたでしょう。
  最後まで、打って、11目なんとか残りました。

番外編1局目 3子 黒 おばあさん
  次の対局予定の人たちが打っていたので、早碁をもう1局打ってもらいました。
  次の対局予定の人が終わったので、打ちかけになりました。
  形勢判断もしていなかったですが、優劣はわかりませんが、手筋とかに差が
  あるのはわかりました。
  まだまだ差はありそうです。

2局目 互先 白 おじいさん
  左下星と左上広い小目(4-3) vs 右上星と右下三々。白から盤面を見ています。
  三々を打ったところで、相手から昭和の初期の碁みたいだねと、言われましたが、
  石田プロも何年か前打ってましたよというとなんか納得はしていました。
  序盤早々左上で勘違いして、活きたはずの4子がぬかれて、相手が序盤早々に
  優勢にたってしまいました。
  ただ、その代償に上辺を白っぽくはできたのですが、相手が下辺を地にしに
  きたので、荒らしにいきました。
  中央戦がはじまり、白は中央石多かったのですが、相手にしのがれてしまいま
  した。中央は、地にならなかったけど、上辺を確定させたのと、下辺を制限
  できたのが大きく、最後まで打って、1目半かたせていただきました。

3局目 向先 白 おばあさん
  左下星と左上狭い小目(3-4) vs 目外し二連です。
  左上、締まったので、左辺中央に割りうちです。
  目はずしは初めてだったらしいですが、右上、目外しには目はずしで打って
  きました。このあたり、教室に通っているだけあって、序盤は上手い人が
  多いです。
  右辺で、黒が何か勘違いをしたらしく、大きくもらって、勝負は決しました。
  最後まで打ってみましたが、数えないで、形勢だけをみたところ、その右辺の
  石次第によっては、どうなるかわからない碁だったようです。

番外編2局目 向先 白 おばあさん
  とりあえず、目外しは打たないよといって、はじめたけど、内容は全然覚えて
  いない (^^;;

初段ででるのは、4回目だったかな。あと最低2回はでないとここでは、
二段を名なのれるかわからないな。目指せ20局勝率78% !!


症状ですがまだ記憶障害が残っているので、自分で打った碁を以前程覚えれません。
まあ、酒飲みながら囲碁打っているのと思えば同じくらいかと思えばと前回も
書いたけど、そんな感じの碁になっています。
あと、読みがいれられない碁はつらいな。2局目の左上序盤なんて特にそう。
中央戦も本当はそうだけど、結果は半目負けでもおかしくなかった。
歳をとってから打つ碁ってこんな感じなんだろうと、今のうちから経験できて
良いかも(笑)

2006.12.11(月): 息子はドコモ杯に

2006年の「ドコモ杯第6回北海道冬休みこども囲碁大会」に
でる気になりました。十三路盤かなと思ったら、九路盤が良いそうです。
12/23は土曜日なので、囲碁教室と重なりますが、囲碁教室の他の大部分の子も
でるそうです。
まあ、きっとうちの息子より上のクラスで打つのでしょうけどね。
私は、最近、息子の囲碁教室の時間は外で暇をつぶしています。
見てたら、口をだしたくなってしまう (^^;;

2006.12.14(木): 忘年囲碁大会どうしようかな

今度の日曜日(2006.12.17)にある忘年囲碁大会ですが、どうしようか迷っている
ところ。体調が悪すぎる。
しかも精神的に落ち込むように、ここ数年でていた地区センターの新春囲碁大会は
定員に達したため、でられない。
今の調子のままだと、忘年囲碁大会は、8月末の大会の二の舞いなりそうだし、
ストレス発散が、酒しかないのが悲しい。
結論はこども囲碁教室の土曜日にしよう。
体調回復をいのっておこう。

2006.12.19(火): 忘年囲碁大会はでてみた。

2006.12.17にあった日本棋院北海道本部(札幌市 アスティ45ビル 7F)の忘年囲碁大会に
でてみた。
やはり、自分の調子を見るのに、これほど適している物は無い。感覚としては、
8月末程体調は悪くは無いと思っているが、全敗なら、やはり手を打つべきだろう。

1局目 2子 黒 おじいさん
  なんとなく打った覚えがある。相手が手帳を出して、負けたんだったとか
  言っていたので、アミノ杯争奪 全道アマ本因坊戦の緒戦の相手だったかな?
  古い日記も詳細書いていないので、すでに記憶無し orz
  左上星だったので、右下小目(16-17)にうってみた。
  右辺白地っぽくなったので、護りをかねて、右下の小目からの大桂馬締まりからの
  一見飛びをしたら、相手はなんと、裏がかり。
  よくわからないが、序盤、ここが白の失敗なのだろう。
  この石をはさみつつ、左下を地にしようと思い下辺星右下付近に打つ。
  相手が飛んだので、右下を確定地とするため、右下は星にのびる。
  そうすると、こちらが挟んだ石を挟みかえしてきたので、一回飛ぶと、挟まれた
  石が飛んだので、はさみ返してきた石をはさみかえす。
  ここで、黒の弱い石は1つ。白の弱い石は2つ。しかも右辺の白も隙があるので、
  からみ攻めが効いたのが最後までひきづったらしい。
  結局、十数目の勝ちだったらしい。

  ここで、普段より長く時間をつかっていたことに気が付く。
  普段は40分の打ち、20分ぐらいの消費時間が、30分程つかっている。
  どうりで頭がふらふら。勝ったのは勝ったけど、普段とは調子が違う勝ち方だ。

2局目 2子 黒 おじいさん

  勝てるわけが本来ないのだけど、乱戦につぐ乱戦になり、大石2ヶ所をしとめられて
  断念。まあ、1ヶ所目は油断大敵火がボウボウっという奴だが、地がどうやっても
  たりなさそうなので、相手の模様の中でがんばろうとしたが、所詮は地力の差。
  1手読み間違いで、右上無理に殺しにいかないで、こちらが、小さく活きれば
  右辺の白石はもらえて、先にとられている大石に負けない収穫だったはずだったが、
  駄目でした。
  相手は気分よく、おもしろい碁だったと言ってくれたのはそれなりにうれしいかな。
  負けたけど orz

3局目 先 黒 おじいさん

  多分初段になってから何回か打っていると思うのだが、1勝1敗ぐらいかな。
  よく思い出せない。
  目外し二連に対して、左下星から、右下に小目にかかってきてた。
  左上あいているんだから、先に打っておけばよかった orz
  先に下辺に開いて少し古風な布石かも。
  確か中央の石をとられた分負けたという感じで、16目差でした。
  最後、無げ場もみつけられないので、早打ちに徹していたのですが、あげはまを
  みないと盤面いい感じ。最初相手もあげはまを忘れていて、2目差と思ったところに
  あげはまが14目ありました(苦笑)

  さて、ここで、薬を持って来なかったことに気が付きちょっと同様。
  しかたがないので、「ブラックブラック」キャンディーで頭をごまかすことに
  する。

4局目 先 黒 おじいさん

  目外し二連 vs 二連星。右辺黒っぽくしたが、相手が乱入。どっちか片方を
  小さく活かせばいいだけなのだが、両方とも取りにいってしまう私。
  人間できていませんというか、戦闘民族( by KGS )というか、あらされて、
  地がたりません。上辺に活路を見出すことにしたのですが、慎重に読んだつもりが
  読み抜けというか、読みが長すぎて読みきれなかったというか、簡単にいうと、
  確実にとれるものを、逆にとられてしまいました(泣)
  相手いわく、上辺は右上の手のいれ方違ったよね。右辺も白は本当は無理だった
  よねとはいってくれましたが、さすがに少々へこみ気味。けど、薬を飲みに
  かえらなきゃと今回ははやばやと退散しました。

  結局1勝3敗なので、8月末よりはいいけど、10月のレベルでは無いなという感じ。

2006.12.29(金): ドコモ杯

2006.12.23の「ドコモ杯第6回北海道冬休みこども囲碁大会」に息子が九路盤で
でました。
私と九路盤の5子でいい感じで打てるので、半分ぐらい勝てるかなと思って
出場しましたが、そうはあまくなかったです。
2勝9敗でした。
けど、25級の認定状を貰ったので、本人は御満悦のようです。
後ろからみていると、この棋力ぐらいの活き死にがわからず、乱戦に巻き込まれた
時に負けるようです。
こればっかりは、私も意識しては無理手をうちたくは無いタイプなので、
そのあたりの私の読みがあまかったようです。

そのあと、息子と母親とで打ったようですが、強くなっていると母親が言っては
いたが、その母親の棋力もあてにならないのでよくわかりません(笑)

今度からは13路盤の大会にださせてあげるつもりです。
まあ、あまり強くはならないかなとも思いつつ、ゆっくり成長する事を祈りながら
打って活きます。

さて、話しはかわって、リンク集リンク集その2のリンクがきれているところが
ふえはじめているので、ちょっと修正します。

初心者Mr.Kの悩める囲碁日記 [囲碁総合研究サイト]
        最近は、日記が書かれていませんでしたが、ブログにしてからは少しづつ
        書きはじめているようです。
        ブログ全体では囲碁のことを、色々調べて書かれています。
        初心者必見かも。
アフロ先生の囲碁って最高! : 新しい方
        どっかの県の県代表クラスの方のブログです。口調が悪役風でおもしろいのも
        あるけど、内容も充実していておもしろいですが、ブログを引越しして、
        作風も変わったようです。。
雑歌集 その1
        「ヒカルの碁」の各自の心の内をつづった話です。

2006.12.31(日): 行く年、来る年

2006年7月〜10月分を、分割しました。

2006.07〜10分

今年はスタートからエンドまで、体調、気力、精神力全てだめだめだったようです。
まあ、来年もスタートは、今年頭よりも低い位置からのスタートなので、少しづつ
よくなっていくことを祈ろう。

来年の公式の大会は、第14回アミノアップ各段チャンピオン戦にでてみようかなと
思っています。

さて、抑うつ神経症の関連は抑うつ神経症関係のページつくってみました。
日記の内容をまとめたものからスタートするかもしれませんが、興味のある方は
見てみて下さいな。

それでは来年も皆様よろしくお願いします。

だめだめ囲碁日記 過去分
リンク集
home

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース