過去の囲碁日記:2006.07.01 〜 2006.10.31 分

2006.07.01(土): 帯広囲碁倶楽部

2006.06.26(月)は定刻であがれたので、さくっと、帯広囲碁倶楽部に初めて足を
ふみいれる。
500円とのことで、安い。
初段と言って打てますかと聞いた。席亭さんが最初打ってくれるのかなと思ったら、
その碁会所で常連っぽい人と打つことに。

1局目 4子局 そのおじさん
低くかかってきたので、一間ばさみ。
そのあたりを中心に相手は2つ。こちらは1つの弱い石のはずが、こちらの右上を
せめてこられて、いつのまにやら、上辺は弱い石は1つづつ。
とりあえず、互いに安定したら、今度は右したでごちょごちょとはじめる。
相手が油断したところで、4子をもぎとる。ここが、しょうぶどころだったらしい。
上手からいうと、筋はしっかりしている。弱気かと思うと、(思いもかけないところで)
きっちりと反撃してくる。とのこと。悪くはないけど、いいともいえないな (^^;;

2局目 4子局 そのおじさん
また低くかかってきたが、今度は一間高ばさみ。
右上で、あやしげな手をうってきたが、上手の読み間違い。御用。ただし攻め取りに
されかねないので、それだけを気をつけると、さすがは、白。勝負手を打ってくる。
ただ、白は複数齢箇所があるので、それらをいじめながらと、自分の右上の攻めどりを
気をつけていったら、右上分勝てた。
こんな手相でいいかなといった感じらしい。

3局目 3子局 席亭
そこで席亭さんと打つことに。2,3子といってたけど、先のおじさんに確認して、3子。
高目からきたので、小目にはいってみる。けいまがけ(?)いしてきたので、
高目につけると、引く。はめ手の匂いがぷんぷんするが、そこは上手と打つのだから、
はまってみることにした(笑)
まあ、そこはいいとして、右上のつけのび定石を知らない変化。
右下もかわった変化をされて、中央の白模様が大きい。
ここで、単独で入るのは失敗するので、覗きから中央へ進出。
少し深く入りすぎたとの評をいただいて、活きたけど、右下をセキにされて、
30目程の負け。
途中見られて良い碁だといわれて、こそばゆい感じ。

つーことで、2勝1敗。最後またおいでね〜といわれて帰ってきました。

今月の2つの大会にはでれそうなので、よい事前練習になった。
またいける機械はあるかな。

2006.07.04(火): あう

今月は大会2つあるので両方いけるかなと思ったら、息子の行事と重なっている。
行けない。負けた orz

とりあえず大会の記録を修正というか、打っていないので、ここ半年分は削除。
囲碁大会の記録リスト

2006.07.07(金): リンクの追加と削除(予定)

真面目に囲碁日記というかブログしていますね :-)

桜子姫の囲碁日記♪

あとしばらくまわっていないうちに、「囲碁名局文庫」とか、「天才どもの煉獄」が
きえてしまったようです。
「囲碁名局文庫」は連絡がとれたなら、公開保存したかったコンテンツです。
再開しないかな。

2006.07.10(月): 名人碁所

帯広の古書店でみつけた本。

名人碁所(めいじんごどころ) 江崎誠致著

1982年出版のもので、安井算知と本因坊道悦の争碁の物語。
まだ最初の方だけだけど、なかなかとおもしろい。
(フィクションが入っているからかな)

ただ、途中時代背景とかの説明が入っているところがちょっと話の腰を
おっているかな。

2006.07.30(日): 北海道囲碁まつり

本日は北海道囲碁まつり。4勝すれば段級位の只で免状がゲットできる。
自分の精神の安定のためにいってみる(謎)

1局目: Kさん 互い 黒
  互いに初段になってから初/
  そういえば前回あったのは1年以上前
  こちら右上目外しをしたら、右下に目外しをうってきた。
  展開が読めないので、左上に星に対して、また目はずしをしてかにの目を
  うってきた。(3-15、17-15とかけばわかるかな)
  かわった布石なので、こちら逆に目外しから小目にしまって様子をみると、
  下辺星下にうってくる。カニの目は待ち受け方の布石なので、かまわず上辺の
  星下にうって、黒の一般的な布石を完了させると、相手がひろげてきたので、
  右下目外しにたいして、目外しでかかる。(一応、呉清源氏の推奨のかかり方だと
  思った。)これにたいして、星にななめにきたので、3-3にはいって、のぞきに
  なっているので、あいてがさいてくる。2線でうけて、外をいかす作戦。
  これは、高目定石を一路ずらすので、こっちの方がとくのはずとういう計算が
  ある。
  右下はなんとかんく、いきて、左下を目外しに小目にかかると、大斜がけを
  してきた。う〜ん。白の石が一つおおい。大斜定石をよくおぼえていないので、
  定石はずれを打つ ^^;;
  そんなかんあで、白の地どりと黒の模様っぽくなってきたので、あっちこっちに
  手をつけて、模様を消しにいったら、乱戦に。ふり変わりと、コウ争いとが
  でてきて、負けているかなと思ったけど、最後数えたら、1目半でした。
  お互いに近い棋力なんだねと納得しあう。

2局目: ときどきみかけるおじさん 互い 黒
  初手目外しだったけど、これ小目にしまっても普通の布石になってしまった。
  相手地でくるタイプだったこともあり、真中に模様がでてきて、相手が中央に
  焼きもちをやいてきたところを全部もらう。けど、よせで後手をひきまくって、
  しかも、中央一部、セキになり。怪しい雰囲気だったが、相手から投了して
  きておしまい。

お昼:
  今年初めて大会にでたので、知っている顔の日とはどこかに引越ししたのかと
  思ったと話題にしてたとか、2週前のJ:COM杯でも話題になっていたとか年齢の
  話しとかけっこう話題がつきず話していた。

3局目: 小学生 向先 白
  相手が喧嘩をしかけてくるタイプでそれにのっかってしまったのが敗因。
  どうもこういう相手の打ち方を忘れている。
  約30目負け。
  かないませんと正直に話しをしたら、今日一番おもしろかったといってくれたのは
  多少の救いか。

番外編1局目: 1文字みよじのKさん 互い 白
  級位者の日とかでもみかけるけど、初段になってからは初めて。
  3局目がはやくおわったのでお互い手もちぶさた同士で打つ。
  時間が無いので早碁。中央で、見落としで、10子をきりとられる。
  けど、布石の段階で有利になっていたので、残りました。
  約20目勝ち

4局目: ときどきみかけるおじさん 互い白
  はやい展開ですすみ、いい感じだったが、上辺でコウをしかけられ、そこで
  あやまったのが大きかったかな。
  7目半負け。

午前中、体調が悪くても勝てて少しだけ、気分も高揚したけど、やはし午後で
負けると少しつらい。大会自体は、2勝2敗でいつものパターンだけど、最初に2連勝
だからこれの成果は大きい。フリーの対局もいれれば勝ち越し。
この体調のわりでもこの成績ということはそろそろ大会初段がみについてきているか。
まあそう思いたいものだ。
次回はできれば、8/27の大会にでたいが、10/1の協和発酵杯かな。けど今日の成績
レベルじゃ協和発酵杯は勝てないだろうな。
そうはいっても練習できるかというよりは、体調を整えられるかが問題なのだが。
っというわけで、またしばらく更新しないような気がします。
それとも帯広で打てたらその話しでも書くのかな?

2006.08.21(月): DSって、

2006年前半分、分割しました。

2006前半分

ニンテンドーDS衝動買いしてしまいました。
GBAのソフトがつかえるんですね。買うまでしたなかった。
息子にGBA譲り渡していたので、最近は御無沙汰だった、GBA版「ヒカルの碁 2」を
おこなってみました。
ちなみに、息子は、あかりちゃんに連敗しててくさっていたので、9路版なら、
4隅をなるべく三々で打っていったらいいよというと、あっという間に連勝です。
さて、筒井君には勝てるかな?

2006.08.27(日): 会員囲碁大会

1局目 互先 白
二連星 vs 星と三々
はじめて打つ人で、中盤までは、押していた。
ヨセで、かなりおしまくられたのと、持ち込みがいたかった。
それでも相手が駄目つめで、自滅しにきたところを許したら、7目半まけていました。

2局目 先 黒
目外し二連 vs 星と小目
こちらも初めて打つ人。
まあ、よくも悪くもなかったが、下変で大石をころされた。
しかも味も悪くない(しくしく)
あちこち、あやをかけたが、駄目。中押しの完敗でした

3局目 不戦
がが〜ん。暇そうにあちこちみてたら

番外編 1局目 五子局 黒
ここの理事さんにうってもらいました。
相手をせめたてたら、自分に薄みを逆にせめられて大石とられました(苦笑)
どうにもなりません。中押しです。

4局目 互先 白
たすき小目 vs たすき星と小目
あっさりと、たしか、6目半の負け。
時間が早いということで。

番外編 2局目 互先 白
また、白といわれて、戦わない五にしたが、空間把握がうまくいかないのか、
またしても、7目半の負け。

番外編 3局目 五子局 黒
ふたたびひまそうにしてたらまた、ここの理事さんにうってもらった。
少しがんばったが、終盤、下変にあやをつけられ、右上とふりかわりにしたが、
下辺の損がおおきく、15目ほどまけ。

あと、観戦してておもしろいのがあったので紹介。
長生の変種らしい、めずらしいのが二段 vs 初段ででてきたので、だしておきます。
変種

北海道本部の理事さんも初めてみたらしい。

最後、抽選会ということで、ハッカ飴と、五×五路の本と、スポーツドリンクを
もらってかえってきました。

今回は、打った碁は全敗です。
精神的には碁を打って遊べたのはいいのですが、結果はこうということは、
やはし、色々。心療内科行きかな(べきっ)
っというよりは、精神的にはいいので、能力不足か(泣き)

2006.09.20(水): 勘違いだったのか orz

会員囲碁大会の翌日体調悪かったのと以前から気にはかかっていたので、
心療内科にいきました。
結果は、うつ症状がでているとのことで、次のお薬をもらってきました。
ジェイゾロフト 25mg  夕食後
セディール 5mg       夕食後
マイスリー 5mg       寝る前
ソラナックス 0.4mg   都度(屯服)

3週間程かかって悪すぎた碁も少しづつ、彩といい感じでうててきています。
んで、2006.9.18(月)実家の親と打ったところ、中盤早々に大石をとれたので、
勝てたかなと思ったら、その後、逆に大石をとられました(泣)
出入りが多い碁だったけど、8目半の負けということで、10目以下なので、
よしとしよう。

2006.10.10(火): 囲碁のリハビリ

本日は午前中は健康診断ということで、午後からはお休みをもらって、
日本棋院北海道本部の級位者の日にいってきました。

前回の大会のぼろくそさを考えるとちょっぴり不安 (^^;;な為、かつ丼でげんかつぎ。

1局目 おばあさん 3子局 黒
2回ぐらい打ってもらっているおばあさん。
以前は、確かよせでかなりよせられたなという印象があったので、序盤は固めに
うっていく。
左上の折衝で勘違いをし少し損。まあ、2手余計にうっただけなので、コウ材を
損しただけだが (^^;;
中盤の最後の方で、右辺で、少し相手の弱い石をせめてから、右したを大きく
囲うことに成功。最後までよせて25目程勝たせてもらう。
ひさびさに勝てた (^^)

ここで疲れ果てて頭が痛くなってきたので、抗不安剤のソラナックスを飲む。

2局目 おじいさん 互先 黒
黒をもてたので、小林流を目指す。相手は、左辺にやたらと石がかたまったので、
配石を見て、天石流をめざす。ちょっと右したが小目のしまりなので、一手遅い
かなと思ったけど、序盤白がやたらと地をかせいできたので、こちらは大模様が完成。
そのあとに白が入ってきたが、時すでに遅し。最後まで打って、45目程勝ち。
局後の感想では、相手は意図がよめなくて、こちらの思うつぼだったらしい。

3局目 おじいさん 互先 黒
また小林流を目指すが、早い段階で、右したの小目にかかられてきたので、断念。
布石が終わった中盤早々で相手が焼き餅をやいてくる。ここは、少し怒ってみた。
うまく封鎖して、完全に優勢を気づく。
相手が何箇所かあやをつけてくるところを、ことごとく、処理。中押しでした。

リハビリということで打ってみたが一応、調子がもどってきたみたいだ。
あとは今日の頭の使いすぎで、明日またうつ状態に落ち込まなければ、2006.10.22の
アミノアップ杯争奪のハンディ戦にでてみようかな。

あと最近の状況としては、この日記のページ丸3年たっていたので。
今ごろ気が付いた ww

最近、お薬のせいで眠たくて寝る時間が早くて、ネット碁はやってませんでした。
まあ、なんとか打てるものです。

お薬の方ですが、夕食に飲んでいるジェイゾロフト(SSRI:第3世代抗うつ剤)と
セディール(抗不安薬)ですが、ジェイゾロフトは2006.7から発売された新薬で、
新薬は2週間に一回医者にいかないといけないらしい。ふつうの抗うつ剤でも
1ヶ月に1回はいかないといけないそうだが。
あとセディールは抗不安薬ということだが、不通は1日3回のところが私の場合は、
1日1回で、ジェイゾロフトと同じタイミングで飲む。セディールはSSRIと
相乗効果(強化作用というらしい)があるそうなので、そっちがメインで
飲むようだ。
ちなみにマイスリー(睡眠導入剤)はうつ病の時には、使わないことになっている
らしいが、それは日本だけで、実際にはうつ病の時でも使うらしい。
けど、私の場合、うつ病とはいわれていない。医者の説明は、うつ症状だと。
よくわからん (^^;;

8月末からアルコールを注入していないので、そろそろ恋しくなっているのだが、
SSRIとかはアルコールは駄目らしいという情報があって、どうしようかなと
思っている今日この頃。

2006.10.30(月): アミノ杯争奪 全道アマ本因坊戦

書く気無し無し状態だったがようやっと書く気になった。

2006.10.22(日)に日本棋院北海道本部でのアミノ杯争奪 全道アマ本因坊戦。

1局目 2子 黒 おじいさん
  13目かたせてもらいました。

2局目 3子 黒 おじいさん
 序盤、堅く打ちすぎました。
 消しの手が深すぎて、帽子は逃げられると思ったのがつかまってしまいました。
 数ヶ所で相手が先に着手したので、少しやけになって、死んだ石は最強説をとって、
 がんばって乱戦模様にもっていきましたが、中押し負けでした。

番外編1局目 向3子 白 Kおじいさん
 級位者の日では互いだけど、本日は3子差ででていたので、それで早碁を打って
 みました。途中までは追い付けるかと思いましたが、思いもよらないところで、
 手があって、そこを読み間違えて取られたので、中押し負けです。
 ちょっと検討したら、正しく読んでいたら、取られなかったので、勝負はまだまだ
 だったようです。

3局目 向6子 白 子ども
 薄い石はとられたけど、うまく中央を厚くできていたので、それを利用して、
 ちゅうおうを大きくとろうとしたら、きれいに逃げられました。
 序盤に読み間違いをして隅をとられたのがいたかったようです。
 けど、それでも4子ぐらいは手あいが違う感じだったかな。

4局目 2子 黒 おじいさん
 中盤までは比較的優勢だったのですが、3子をすてればよいものを、すてなかった
 ところで、大きくあらされた上に、手数が長いと思っていた大石が実は手数が
 短かったというおまけ付きで中押し負けでした。

囲碁大会の結果は1勝3敗。結果はともかく、内容は8月末に参加した大会に比べると
はるかによくなっている感じ。

序々に体調がもどってきている証拠だ。ちなみに飲んでいる薬は、
こちらが変則的なことを言っても、あまりに病院の先生がマニュアル通りの対応しか
しないので、セカンドオピニオンを利用してみました。
そちらの方が、まだよさそうなので、変更してみました。
そうすると薬は変更前と変更後ではこんなに違います。

変更前
ジェイゾロフト 25mg  夕食後 1錠
セディール 5mg       夕食後 1錠
マイスリー 5mg       寝る前 1錠
ソラナックス 0.4mg   都度(屯服) 1日3錠まで

変更後
トレドミン 15mg      毎食後 3〜6錠/日 個人の判断で量の変更は良いとのこと
セルシン 2mg         毎食後 3〜6錠/日 個人の判断で量の変更は良いとのこと
レンドルミン 0.25mg  寝る前
ソラナックス         都度(屯服)と夜中に途中覚醒した時  1日3錠まで

次回の囲碁大会参加は、2006.11.12のホクレンショップ囲碁大会が目標。
その時にお薬の詳細でも。なんか、病気日記になりかかっているかも。

2006.10.31(火): そういえば

そういえば、2006.10.10と2006.10.22に囲碁を打った翌日はものの見事に抑うつ状態で
体調不良でした(苦笑)

色々と囲碁の本は買うのですが、読む気がでず、つん読状態です。
まあ、これも抑うつ状態の症状の一種ですな。

ちなみに、カルテに病名が記名されました。「抑うつ神経症」だそうです。
最近は、使われなくて、気分変調症/気分変調障害とかいわれるようですね。
私の場合、ある程度抗うつ剤がきいているので、二重うつ病の可能性も
あります。
うつ病だと休養(会社員なら会社を1ヶ月以上休む)が基本なのですが、
私の場合、休養すると、社会復帰できなくなる可能性が大きいと
いわれて、(仕事はかなり減らしてもらっていますが)会社にいく毎日です(しくしく)

あと、前に書いた、ふつうの抗うつ剤でも1ヶ月に1回はいかないといけないそう
だがは、嘘でした。1ヶ月に一回もらいに行くのは、抗不安剤の方です。

しかし、新薬のジェイゾロフト(SSRI)から、トレドミン(SNRI)に薬を変更されるのも
この発売されて4ヶ月もたっていないこの時期あのは、きっと珍しいのだろうな。

あああああ、囲碁日記から、抑うつ神経症日記に変わりつつある orz

だめだめ囲碁日記 過去分
リンク集
home

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース