過去の囲碁日記:2006.01.04 〜 2006.06.30 分

2006.01.04(水): 謹賀新年

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

今まで程の更新頻度はありませんが、気長にお待ち下さい。

日本棋院北海道本部のページができたのね。
じゃあ、今年は大会情報はアップしなくていいね。
  日本棋院北海道本部

さて、今年は、親との1月2日が初打ちで2局。
いずれも白番のコミ6目半。

1局目
  三連星 vs ミニ中国流くずれ。星にかかったところで、はさまれて、ミニ中国流に
  もっていけませんでした。
  この右下の黒をせめることになって、中押し。

2局目
  二連星 vs 星と右辺を広く打つ小目。
  さっそく小目にかかられて、はさんで、戦いになっていくパターン。
  けど、お互いそんなに強くでられず、以外とたんたんと終わり、69 vs 62と半目
  だった。

親との互いがしっくりくるようになったかな。

2006.01.05(木): 明日明後日か

2005年11月分、分割しました。

2005.11分

札幌の囲碁情報を2006年版にしてみました。
日本棋院北海道本部ができだしてきたので、そういう部分は削除しています。
  札幌の囲碁情報

明日は地区の大会。でれるかな(どきどき)
明後日は息子の囲碁教室つきそい。めんどうだな(おい)

2006.01.07(土): 新春囲碁大会と囲碁教室

01.06(金)は近くのセンターでの新春囲碁大会。

1局目 おじいさん 互先白
 小目と小目 vs 星と三々
 ちょっと変わったうち型をされて記憶がつながりません。
 中押し。

2局目 昨年打ったおじいさん 互先黒
 昨年打って、私が負けたおじいさん。
 覚えていてくれたらしくて、打つのが早かったよねといわれました (^^;;
 今回は少し遅くなると思います。棋風もかえてきましたといったが、
 お前ぐらいのレベルで棋風があるのかというつっこみはあるかも(おぃ)
 目外し二連 vs 星と狭いほうの小目。序盤右上で得をして、上辺から
 白をおいかけていったのが、この碁の骨格となった。
 結果白が弱い石を3つくらいつくることになって、破綻。中押しでした。

3局目 おじさん 互先白
 星と広い小目 vs 星と三々
 序盤白地合いをとって、っとおもったがそうはいかず、外回りな碁になる
 私であった。ただそのおかげで、右上から、黒をぼっかけて、中央に
 厚みらしきものはできた時は勝っているかなと思っていたが、黒に進入されて
 負けを覚悟。終盤直前で、相手の手抜きをきたいしたが、こちらがそしらぬ
 顔をしてたところは全部ばれていて終局。6目半の負けでした。
 ちなみにこのおじさん、4局目の優勝争いでほぼ勝っていたのに、最後
 なんでもないところで手を間違えて大石とられて、優勝をのがしました (^^;;

4局目 おじいさん 向3子局
 さくさくさくとうっていきましたが、空き三角を平気でつくる人でした。
 地が好きなタイプで、こちらは中央を大きくしたところで、相手がきりから
 入ってきましたが、厚みにおしつけて、特に事件もなく中押し。

番外編1局目 4局目のおじいさん 向3子局
 今度は模様をはってきました。
 なので、こちらは地をとるのと、模様消し。
 大石を御用として中押し。

この大会2年連続で2勝2敗だったのが、今回は3勝1敗とうれしい大会でした。
ちなみに3位で商品はバスクリン2つなのとここの大会でも初段で通用したのは
うれしい ^^

翌土曜日は息子の囲碁教室。入門者むけの問題集をとかされているようだ。
20問のうち最初から14問やって、残りは自宅でみたい。宿題かな。

そうそう、状月に実家にいったら、碁盤がでてきたからやると4.5寸程の碁盤を
もらった。何かの素材の上の表面に板をはってあるタイプなので安いのだろうけど、
ちょっとうれしい。

2006.01.11(水): とある人からの質問

ここのデータがいいかな。
英文だけど、だいたいわかるでしょう。

Moyo Go Studio - Fuseki. Joseki Go Expect
Moyo Go Studio - SGF Editor. Joseki. Fuseki & Pattern Expect System

直接教えるの面倒なので(おぃ)息子にはインタラクティブ囲碁入門を見せると
勝手にしてくれて楽。
インタラクティブ囲碁入門

40級にツルの巣ごもりがあるのだけど、何も教えなかったのに、できている。
確か本によっては、一桁級の問題。
まあ、自分を護ろうとしないので、囲碁教室では全滅ばかりしているようです。
それでも子供同士の碁は楽しいらしい。

2006.01.16(月): まあ気にしなきゃいいのか

土曜日は毎度の事ながら子供の囲碁教室につきそいだったが、早い時間からお客さんが
一人きてたので、棋譜並べしているのもつまらない(おぃ)ので、打ってみることに
した。
1級だけど、そこまで力ないかなという受付嬢(?)のお話しなので、とりあえず向先で
打って見る。
早碁だけど、相手の方のコートの袖がひっかかって、何回も並べ直し。
あとはがしもあるし、ちょっと嫌になってきたけど、とりあえず打ってみる。
2局で差がはっきり見えたので、向2子に。それでなんとなくいい感じ。
結局全部で5局打って息子の様子はおかまいなしだった(苦笑)。

日曜は「北海道アマ棋聖戦 札幌大会」だったけど、いかなかった。
かわりに屋根の雪降ろし。なんか、普段の年の1月末か、2月頭みたいな感じ。

2006.01.27(金): 囲碁小説

暗い話しが多いかな。

囲碁小説のインデックス

2006.02.03(金): 今年の対局は、

正月に親と、1/6に地区の大会、あとは、1/7,14で向2子でおなじおじいさんと数局。
WWGoで2局。8人。
少ないというか、多いというか微妙だな。

この日曜日北見にいってくるので、北見囲碁会館に顔をだしてみようかな。

2006.06.30(金): 春陽堂書店

ながらく合間(5ヶ月弱)があいていましたが、今はなぜか、帯広に長期滞在中。
そんな中で、ようやっと、今週ぐらいから早めにあがれるようになって、帯広を
探索。春陽堂書店にたどりつく。

囲碁関係の古本がけっこうある。そのなかで、結局8冊ぐらい買った (^^;;
閉店は20:00頃といってたな。
消費税分おまけしてくれたのでお得感あり。

春陽堂書店

けど、この日記がこのまま復帰するかは不明。

だめだめ囲碁日記 過去分
リンク集
home

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース