過去の囲碁日記 2004.02.01 〜 2004.02.29 分(だめだめ囲碁日記編)

2004.02.01(日): あすなろ大相撲開始

さあ、1局目は9子と逆コミ26目。打ったけど、やはり負けてしまった。
それでも予想外に、1目差までつめよれた。
そのあと、WWGoで、某t氏と2局打って、1勝1敗。
まあそんなんで。

あすなろ大相撲 番付表

2004.02.02(月): WWGo第8回インターネット囲碁世界ランキング戦

2004年1月分、分割しました

2004.1分

棋譜並べ23局目、林元美から。

大正時代以前の棋譜

WWGoの第8回インターネット囲碁世界ランキング戦の成績発表は、2004.02.23の予定。
ちょっと気が長いな〜。
まあ、それで、一年ぶりに、WWGoの認定級をかえられる (^^)

2004.02.03(火): 碁の集い

2003年10月前半分、修正しました。

2003.10前半分

棋譜並べ24局目、安井算知から。

大正時代以前の棋譜

囲碁天石流でみつけてきました。本因坊秀策の棋譜を並べています。

碁の集い
    リンク切れです。

2004.02.04(水): ふぃご村置碁戦

おお、なんか、このページのシステムがちょっと変みたい。
勝ってにカウンターをつけてくれたり、リンク先をふやしてくれるのがないので、
一回全部アップロードしなおした (^^;;

2003.10から始まったふぃご村置碁戦も最後は負けてしまった。つながると思って
いたところがきられたのがいたいんだけど、その舞えにきらなければよかったかな。
3勝2敗ということで、まずまずの成績をのこせたのは、最初は、4級だったのが、
年末には、2級まであがったからであろう。

プロ棋士の棋譜が掲載されているページをみつけたので、

白木伸征の囲碁のページ
    リンク切れです。

2004.02.05(木):	インフルエンザ

なんか、体調悪いな〜っと思って、熱も39度5分あるし、病院行ったら、インフルエンザ
だった。人様に移らないように完治するまで、5日かかるといわれたので、今度の日曜
日の囲碁大会いけない ;-)
あと、体調不良ということで、次回更新は、土曜日になると思います。

2004.02.07(土):	囲碁とっておきの話

棋譜並べ25,26局目、安井算知から。

大正時代以前の棋譜

囲碁観戦記者である著者が、プロ棋士の周辺事情をユーモアをまじえて紹介する、比
較的気楽に読める本。例として、将棋のプロ棋士と飲むことになって、将棋の話しが
くどくなってきたので、厭味を一発、「たしかに将棋はすばらしい。人間がつくった
ゲームの中で最高でしょう」と、そうするとその先生は相手が囲碁の観戦記者な
のになんかおかしいと気が付いて、「じゃあ、碁は何なのだ」には、「な〜に、あんな
ものは神様が、ほんの暇つぶしのために作った、どうってことのない遊びですよ」と
こたえると、その先生のおしゃべりはピタっととまったとか。

囲碁とっておきの話 秋山賢司著

2004.02.08(日):	不戦勝

昨晩、幸か不幸か不戦勝だった。
インフルエンザの薬がきついのかず〜っと、眠たい。
多分、この眠気もあって、打ったら負けていただろう (^^;;

次回更新は火曜日になるかもしれません。

2004.02.09(月):	江戸時代の囲碁の本

「文化遺産詳解 江戸時代の囲碁の本 日本棋院編」

江戸時代の囲碁の本に関する目録みたいな本で、1冊につき、だいたい2ページほどを
費やして、その本の写真をその2ページのうち4分の3をつかってしょうかい。残り
4分の1で、簡単なプロフィールがつく。

一応、のっている本のリストぐらいはのこしておこうかと思う。

江戸時代の本一覧

主にこういう本は図書館で探してくるのですが、住んでいる札幌では、図書館の
データベースがインターネットから利用できるので、それで、これはというのをピック
アップして予約してみる。中にはとんでもないものもまじることはあるが、それは
ご愛敬だろう。

札幌市中央図書館

2004.02.10(火):	そういえば、今年最初の棋譜かな

対局データ 2004.01.06分棋譜

初段格のmさんと2子で初対局。小目からのかかりに対して、こちらは残り隅の星から
天元への天石流風。星への連打で、四角かこったところの、三々にはいってきた。
ナイスタイミング。10手目はおさえる方逆だったかも。まあいいか。
27手目に対する28手目は押しでなくて、引きだったかも。。ここで少し損した。
まあ、右辺とれたからいいか。
54の切りまではいいけど、そこからののびかたが好くなかったね。
165手で、投了したけど、これ真中死んだと思い込んでいた (^^;;
まだ、右上で少しかせげるので、少々悪いぐらいだったでしょうか。

いいなぁ、アミノアップ杯。インフルエンザでなければ行ってたのに (;_;)

徒然日記

2004.02.11(水):	WWGo第8回インターネット囲碁世界ランキング戦

とりあえず、残りの相手とは遅延勝ちになった。この人全員に遅延負けだったな。

SS棋院リーグ戦、負けた(どよ〜ん)。2子だとほとんど互い感覚だな。白盤の星十字は
やっぱりつらい (^^;; 本当の囲碁大会ではつかわないでおこう。けど、置碁でなけれ
ばやっぱりつかえるのかな。またそういうお馬鹿なことを考えるし (^^;;

江戸時代の本一覧は細かくアップしてるのでよろしく。って、普通の人見てもおもし
ろくないと思うけど (^^;;

2004.02.12(木):	本因坊秀栄

棋譜並べ27局目、本因坊秀栄から。
おお、ようやっと明治時代の棋譜だ (^^)

大正時代以前の棋譜

出典は「日本囲碁大系 17 秀栄 高川格著」からですが、この高川格(秀格)本因坊が
秀栄の碁が好きだという話は有名なようです。高川格師の流水不先争(りゅうすい
さきをあらそわず)も、本因坊秀栄の棋風を目標とした言葉だったかと。

2004.02.13(金):	2004.01.15分の負け棋譜から

なんか、13日の金曜日だ。
安井算知 vs 坂口仙得の棋譜なくしちゃった。また本かりてこなきゃ。
とりあえず、そのままにしておこう。

対局データ 2004.01.15分棋譜

これは7子の白番。結果は10.5目の負けだけど、内容は大負けだよね。
見てた上手の人は途中で投げるべきだったのではないかなということだけど、
パスしつづけて、最後に手にいれるのと、あきらめが悪いのとどっちが悪いかな (^^;;
これは、豆まきをしてあとで、収穫をはかろうという手順でうってたけど、どちらか
というと、白は1ヶ所1ヶ所生きていってから、終盤でおいついていく方がいいのでは
ないかというのも指摘していただけた。そういえば、ふぃご村の4段さんも4子置き
ならば、終盤黒ミスするかもといって、ゆっくりした碁だったな。反省。


2004.02.14(土):	2004.01.31分の負け棋譜から

対局データ 2004.01.31分棋譜

いや、きつかったという以外ない。
9子にさらに逆コミ26目って、いくらけずってもけずっても勝ちが見えてこない。
気分的には、終局の段階でコミをいれると10目負けたかなっと思っていたら、もう
ちょっと少なかったけど、置き石やコミが適正だと、これぐらいいっぱいおかれても
なんとかなるんだねという自信にはなった。
189手って、本当は手がなかったのだけど、こういうのはあまりよくないのかな。
けど、つかれた。

2004.02.15(日):	囲碁大観

図書館で古い本を借りてみる気になるが、その中で「囲碁大観 雁金準一著」というのを
見つける。昭和5年(初版は昭和3年)の本なだけあって、旧字体がいっぱい。しかも文章
が現在と違うので読みづらい。けど、評価できるのは、きちんと漢字にルビがつけて
あって、そこは好感がもてる。一応入門書という位置づけになる本かと思うけど、
難しそうな手筋もあるので、総合書かもしれず。さすがに全部は読まなかった (^^;;

雁金準一は昭和初期には日本棋院から独立して棋正社をつくったけど、日本棋院対
棋正社の緒戦の本因坊秀哉との対局で時間切れ負けをきっして、これで、棋正社が
衰退していったのではないかな。詳しくは、昭和囲碁名勝負物語を読み返さないと
思い出せない (^^;;

2004.02.16(月):	1勝1敗

土曜日の大相撲は、なんとか、1勝。最後まで、打って、切りからとっちゃった。
う〜ん。これしなくても5目勝っていたようなので、目算がきちんとできていれば、
こんな手しなかったのにな〜。反省。
その碁、2段の人とお気楽モードということで、先で打たせてもらった。
地だけでなくて、中央へも少し顔をだしておこうと、序盤はよかったけど、中盤で、
中央方面全部封鎖されていた。がび〜ん。
その上、まけてなるものかと、右上から中央へ進出しようとしたら、封鎖されている
右下の大石があっさり、御用。そこで、泣きながら投了でした。
とられていなくてももう盤面で10目は白よかったので、よいタイミングではあった
のですが。
そのうち、ここに書こう。

2004.02.17(火):	2位くらいは狙えるかも

そうだよね。1位はむずかしい。けど2位も安定的にとるのは難しいと実感中。

はてなダイアリー - KGS囲碁日記 2004年02月12分

2003年10月後半分、修正しました。

2003.10後半分

江戸時代の本の一覧の改編はとりあえず、終わった。あとは誤記訂正があれば
という感じかな。

江戸時代の本一覧

2004.02.18(水):	あっさり見つかった (^^;;

棋譜並べ28局目、本因坊秀栄から。

大正時代以前の棋譜

昨日ちょこっと、リンクしたら、あっさり見つかった (^^;;
こちらこそ、よろしくお願いします。

はてなダイアリー - KGS囲碁日記

リンク集にも反映しておこう。

2004.02.19(木):	9路盤9子局

棋譜並べ29局目、本因坊秀栄から。

大正時代以前の棋譜

最近息子がまた、碁に興味をもちだして、ヒカルの碁の9路盤と碁石をもってきて
やろうやろうといってくる。そこで9路盤9子局となるのだけど、白を持ちたがるん
だよね。子供って白の方が好きなのかな。
こうなると囲碁でなくて、石取りゲームで、息子は1子とれば勝ち。こっちは取りつつ
一子もあたえないで、大変。
けど、とれるようにしておいても、とらないんだよね。
息子がとれないで、終局すると、息子がすねる。いつになったら9路盤9子局から
8子局になるやら (^^;;

2004.02.20(金):	2004.02.14の負け棋譜から。

対局データ 2004.02.14分棋譜

お気楽モードで打っていたのだけど、黒15手がいけなかったかな。どうせ、白つよい
ので、左上をしまるか、上辺の大場をいそぐか、下辺に手をいれれば、ゆっくりした
碁になったのだろう。
49で、頭をだしたけど、50で、右下が封鎖される結果になった。61まではいいと思う
けど、失敗は63手かな。さがったらどうだっただろうか。
83手は囲いにいって消極的だった。封鎖されるように打っている。
88手で白が左辺大きい (;_;)これで、もう白が良いのだろう。
101手で真ん中をだめ場にしようとしたら、102手で右下ころしにきた。103手は
2-2反対だったかな。活きないような気はするが。
あとで詰碁の勉強だな。

2004.02.21(土):	お笑い!囲碁替え歌

自分の参加した囲碁大会の記録リストを備忘録かわりに残しておきます。

囲碁大会の記録リスト

たま〜に見に行って笑わせていただいています。

お笑い!囲碁替え歌

2004.02.22(日):	祝2000アクセス

思ったより早いペースで、2000アクセス達成。このペースでいけば来年中には
1万アクセス達成するか?気の長い話しだ。

昨晩のあすなろ大相撲は、7目負けた。。。
6子局だからといって7手目に三々に入ったのははやすぎたかな。
けど、そんなに損してるようには見えないよな。
右辺を大きくしちゃったかな。
後で研究しよう。

その後、負けっぱなしは悔しいので、WWGoに行って、適当に対局者をさがしていたら
自称中学生が対戦相手をさがしていたので、打ってみた。
碁会所で3級ということなので、向先で打ってみた。
序盤右上ぼろぼろ。タケフにうけていれば、なんのことないのに。
右下も、はさみつければ、3子とって、20目近く得できたところ、間違えるし、
最後は最後で、25目に相当する大石とられるし散々だったな。
今晩も約束したので、打ってみよう。

2004.02.23(月):	再戦

昨晩は一昨日の晩に打った中学生と打った。その前の対戦結果をみて今度は、互いの
こちら白。
序盤、相手が、星と小目、こちらが二連星。いきなり、二連星にかかってきたので、
ミニ中国流をさける意味で、相手の小目に一間高がかりとする。
相手が、つけひきをしてきたので、二連星へのかかりへのはさみを意識した。
かかりの医師が一間鳶をしたので、こちらも星から一間をしたところ、置碁のように、
3線にケイマでかかってくる。
ここで、分断するようにうてたのが、少し白によかったか。
布石や、定石の種類をしっているという意味では、こちらが上で、有利にすすんで
いたが、読みの力は相手が上か?上辺の5子をとられてしまって20数目あまり損したか?
かわりに、隅のさるすべりの止め方をしらないせいか、10数目減らしたので、さしひき
10目程度損したか。
最後は、だめづまりに期待したが、気づかれてしまった。
盤面で12目あまり勝たせてもらって、前回の雪辱をはたしました。
風邪気味で打っていてつらかった (^^;;

2004.02.24(火):	WWGo 15K*

第8回インターネット囲碁世界ランキング戦の新ランクが確定して、読み替え表から、
新しく、15K*になった (^^)

WGo Ranking Contest/成績発表
    去年のはリンクきれだね。新しいのになるかな。

ちょっと消えてた「安井算知 vs 坂口仙得」の対局譜も再入手したので、掲載して
おこう。

安井算知 vs 坂口仙得 1841年11月17日

2004.02.25(水):	お約束

昨晩は、WWGoで、ぼそぼそしゃべっているとやはし、WWGoの級なんとかなんないの
かいという話になる。まあ、上位は構想通りなんだろうけど、そこから下ってづれて
きちゃうんだろうな。

そんな中で、最近WWGoの自由2にちょくちょく打ちにきているtさんを観戦していると、
見付かってしまった (^^;; 今度の日曜の20:00から対戦する約束をしたが、tさんが
期待しているのは、天石流か? そういえば、最近白番が多かったので、天石流打って
いないな。練習しておこう。

2004.02.26(木):	祝1勝

ふぃご村のボド碁リーグ戦1局を勝利で終わった。
序盤よかったけど、中盤で、中央を荒しに入って行く方向を間違えて、上辺が厚く
なってしまった。
あせりながら、中央へ進出したが、きられるか、きられないまでも、いじめられる
状況になりえたのが、捨て石に相手がのってきて、優勢となった。

あと、5局あるが、1局ははっきりと敗勢で、しかも、100手少々でもう、大よせ。
30目近く悪いので、なんとか、厚みをいかさなきゃ。

そういえば、木石庵が復活している。
いろいろと壊れていたファイルもなおっているので、一安心。

木石庵

2004.02.27(金):	棋譜並べ30局目

棋譜並べ30局目、本因坊秀哉から。

大正時代以前の棋譜

そういえば、大正時代以前の棋譜は少したまると人物別に直しているので、よければ、
楽しんでください。追加する棋譜は、当面半年分くらいあるが、まだまだ気長に (^^;;

本因坊秀栄の棋譜(3局収容)
安井算知の棋譜(3局収容)
本因坊秀和の棋譜(3局収容、1局リンク)
林 元美の棋譜(3局収容)
本因坊丈和の棋譜(4局収容、1局リンク)
秀策の棋譜(4局収容、1局リンク)
安井知得の棋譜(3局収容)
本因坊道知の棋譜(3局収容)
道策の棋譜(3局収容)

2004.02.28(土):	ひさびさに新手法

棋譜並べ31局目、本因坊秀哉から。

大正時代以前の棋譜

天石流ばかりうっていたので、お初の相手に互先でひさびさに新手法風に打って
みた。途中は、いいのやら、悪いのやらよくわからないが、やはし、相手はこちらの
打ち方にとまどいをみせている感じ。相手のミスで、右辺の大石の眼がなくなって、
脱出も不可能なので、投了してきた。
あとで、席亭さんが見にきて、対戦相手のことを、そういえば、何級にしましょうとか
いて1級とかにされてしまった。ここでは私3級だ (^^;;

今晩はあすなろ大相撲があるが、相手が不戦敗と思いきや、復活したみたいなので、
今晩飲みに行ったあと、帰ってきてから、打つのか。うまく打てるかな (^^;;

2004.02.29(日):	不戦敗

棋譜並べ32局目、本因坊秀哉から。

大正時代以前の棋譜

昨晩は、家に帰ってきたのが、22:30で、21:00からの対局に間に合わなかった。
おもしろい打ち方をする日とが相手なので、打っておきたかったのだけど、
相手ももしかすると、これないのかもしれない。システム的に両負けがあるから
それになるかも。
さて、今晩は20:00から約束の対局だ。どんな手ですすめようかな。

だめだめ囲碁日記 過去分
リンク集
home

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース