三連星 新布石時代に出現。初期の頃は三星連といわれていたこともある。 置碁の雰囲気をもっている布石である。 基本的には、待ち受ける布石だが相手が敗ってこなかったら、模様を広げる感じで あろうか。
その後の白からの着手(見かけるもの)と黒はどうしよう: 三連星 a:小げいまがかり よくみかけるパターン。 b:1間高がかり 左辺の二連星を勢力として意識して打つときか? c:2間高がかり 1間高がかりよりもさらに左辺の二連星を勢力として意識して打つときか? d:つめ 模様をひろげる感じ。反対側の辺にもうたれると模様が深くなる感じに なるので、相手は、それをさまたげると思う。待ちの布石かな。 e:内側からの小げいまがかり 白が苦労するので、普通はあまりしない。 f:三連星 白にとっては様子見か。9連星までいくと、黒が少し良いようであると、 聞いた覚えがあるが実際はわからない。 g:星三角 個人的に白番で、六手目天元はちょっと遅い気がする。
布石一覧 home
【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース